エイジングケアで若返り

sample

若返りを狙ってエイジングケア



若返りを狙ってエイジングケアには力を入れています。

ちょっと頬の毛穴が目立ってきたかな、と、感じたので、コスメもエイジングケア用のものに切り替えて気合入れてお手入れしています。

基本は紫外線対策と保湿です。日焼け止めは朝顔を洗ったらすぐにつけるようにしています。

そうしないと忘れてしまうので、スキンケアの仕上げは日焼け止めにしています。

化粧をするのは嫌いなので、日焼け止めか化粧下地くらいで過ごすことが多いです。

日焼け止めだとエイジングサインが目立ってしまうけれど、最近の日焼け止めと兼用になっている化粧下地は優秀なので、化粧下地のみでもそれなりの綺麗を実現できて助かっています。

化粧までしてしまうと直すのが大変ですが、化粧下地どまりにしておけば、直すのも楽です。

最近のものは保湿効果も高く、スキンケア効果などもあるので乾燥も防ぐことができます。

落とすときには石鹸のみでも良いけれど、クレンジングを使ったほうがしっかり落とせます。

なので、石鹸のみでも大丈夫なものを使うときでも時々はクレンジングを使ったり、クレンジング効果もある石鹸を使ったりして、しっかり落とすように心掛けています。

落としすぎはいけないけれど、残りすぎも気になるし、汚れが残ってるような状態になると後から使うスキンケアコスメの入り方が違ってくるように感じるので注意しています。

ピーリングとかまでは怖くてできないので、汚れはなるべく溜めないように心掛けています。


エイジングサインが気になるとエイジングケアが必要



アンチエイジングも気になりますが、エイジングケアによる若返りはもっと気になります。

若いときからキープしていればアンチエイジングのほうが楽だし、よいのかもしれませんが、既にエイジングサインが気になるとエイジングケアが必要になってしまいます。

若いときに紫外線の害とか今ほど言われてなかったから無警戒だったので影響が出てきています。

今更ながらですが、紫外線対策はしっかりしています。乾燥を防ぐのも大事だと分かったので、保湿もキチンと行うようにしています。

アレルギー体質なのでやりすぎると肌が痒くなってしまうのが悩みです。肌に直接ケアをするとトラブルの元になるので、ベースができてからはやり過ぎないことも心掛けています。

肌を直接触るのではなく、身体の内側からのケアのほうが力入っています。食べ物は意識しています。特に腸内細菌に良い食べ物は積極的に摂るようにしています。

そのため、ぬか漬けを自分で作るようになりました。自分で作ると臭いとか気になることもあるのですが、塩分とか野菜とか自分でこだわれるのでメリット高いです。

サプリメントによるケアもしていますが、食事もキチンと摂らないと将来が怖いのでしっかり食べています。

ストレスもあって不眠症の傾向があるので、しっかり湯船に浸かるなど睡眠の質を上げられるような努力もしています。

若返りまでの効果があるかどうか、自分では分かりませんが、回りに比べてあまり変化していないのでキープくらいの結果は出ているようです。

 

新着情報